家を建てることは人生で大きな決断です。「建てた後に問題が見つかったらどうしよう」と不安に思う方のために知っておいていただきたいのが、新築住宅瑕疵(かし)保険です。
これは住宅建築後に瑕疵(欠陥や傷のこと)が見つかった場合、保険金が支払われ補修費用をまかなうことができるものです。
山久では安心して新築を建てられる「JIO我が家の保険」に登録しています。

新築住宅瑕疵保険とは?

瑕疵とは欠陥や傷のことです。
新築住宅瑕疵保険とは住宅の瑕疵に対する補修代金を瑕疵担保責任保険でまかなうことができる保険となります。

新築住宅瑕疵保険はだれが加入するの?

新築住宅の場合、住宅事業者(つまり建築会社など)に加入義務があります。
そのため、住宅を購入する人が加入の手続きをする必要はありません。
また、新築住宅の欠陥については「引渡し10年以内に見つかった瑕疵は住宅事業者(建築会社など)が補修費用を補償します。

瑕疵の補償対象は?

新築住宅瑕疵保険では補償対象は、構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分の瑕疵についてが補償の範囲となります。

補償対象具体例
構造耐力上主要な部分小屋組・屋根版・斜材・横加材・壁・柱・床・土台・基礎など
雨水の侵入を防止する部分屋根・開口部・外壁など

住宅事業者が倒産してしまった場合は?

住宅事業者(建築会社など)が倒産していて瑕疵担保責任による修補が受けられない場合は住宅取得者は保険会社へ直接保険金の請求ができるので安心です。

JIOについて

JIOについて詳しく知りたい方はホームページをご覧ください。

まんがでわかる「住宅かし担保履行法」

お気軽にお問い合わせください。048−486−6078受付時間 9:00-17:00 [第1第3 土曜日・日・祝日除く ]

お問い合わせ