春から夏にかけて【シロアリ・羽アリ発生】に要注意の季節!!

暖かい日が続き、毎日過ごしやすくなってきましたね!(^^)!

しかし暖かくて過ごしやすいという事は、シロアリ・羽アリの活動が活発になる要注意の季節でもありますΣ( ̄ロ ̄lll)

日本に生息するシロアリにはたくさんの種類がありますが、家屋に重大な被害をもたらすのは、【ヤマトシロアリ】と【イエシロアリ】の2種類です。

ヤマトシロアリとイエシロアリの見分け方

一般の方でもわかりやすく見分けるのは、2種類のシロアリの発生時期です。

シロアリの出やすい条件をまとめてみました。

4月から6月の昼間に大量の羽アリが飛びまわっていたり、壁の隙間からたくさんの羽アリが出てきたのなら、ヤマトシロアリの可能性が高いでしょう。

一方、6月から7月の夕方から夜にかけて灯りなどに集まってくるのはイエシロアリの可能性が高いといえます。

上記のような条件でシロアリが発生しやすくなっているので、シロアリと羽アリの姿を見ていなくても注意が必要です。

ヤマトシロアリとイエシロアリが写っています

シロアリ対策の効果はどれくらい続くの?

大切な財産である家を守るために、シロアリの対策は【予防】と【駆除】のどちらも必要です。

現在、新築住宅の場合はシロアリ対策が法律で義務づけられており、5年間保証するケースがほとんどなので、お手持ちの保証書類を確認すると良いでしょう。

また防蟻対策の薬剤散布から5年程度経過しているなら、薬剤の効果は薄まってしまうので、点検や対処が必要になってきます。

その為、床下調査を行い家屋状況に合わせた【予防】と【駆除】をしていくことが建物維持を保つために重要になってきます。

男性職人が床下に潜りシロアリの施工をしています。薬剤を散布しているところが写っています

山久では安心・安全なお住いのために無料チェック無料お見積りをおすすめしております!

この機会にぜひお問い合わせください。

それってシロアリ!?危険なお家の10パターンチェックリスト

お気軽にお問い合わせください。 048-486-6078 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。